人気ブログランキング |
<   2017年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
のぞみ保育園最終日。
c0190725_08464250.jpg

この制服も今日で見納め。昨日の夜は寝る前に突然泣き出して、お友達とお別れするの寂しいと言っていた。親の都合でもあるので不憫な気持ちもある。息子を転校させた時にも同じ感情を抱いたが、長い目で見れば大したことでないのも分かっている。それでも、今の彼女の気持ちに寄り添うことが大切なのだろう。優しい先生や元気なお友達に囲まれた1年2ヶ月。離れ離れになることに涙を流せるだけの感性を育んでもらえたことに感謝。それを自らの中に育て上げたムスメにも。

by rin_magazine | 2017-05-31 08:46 | 子どもたちの成長記録 | Comments(0)
不機嫌の行方
​​今日は嫌な出来事があった。とはいえ半分自業自得だし、自分の愚かさ加減を晒しているようなものなので、不快に思ったらすみません。が、恥を忍んであえて書く。

いつもの通り保育園にムスメを迎えに行き、帰りのバスに乗ったのである。彼女はいつも帰りのバスではよく喋る。その日の出来事や目に入ったものについて、よく通る声でテンション高く喋るのである。しかしその声の度が過ぎたのであろう。前に座っていた30前後くらいのサラリーマンがしきりに後ろを向いて睨みを利かせてくる。ああ、うるさいと思っているのだろうなと思い、ムスメに少し静かに話すよう促した。それでもまあ彼女は喋るので、さらに苛立ちを隠せない感じで仕切りに振り返ってくるのだ。

またこのタイプか、と思う。ムスメがうるさくしていたのは認める。それを諌めるのが親の役割だというのも分かる。でも同時に思うのだ。この声量で喋っているのがもし仮に大人の男だったら、自分より年配の人だったら、こうまでして仕切りに振り返って睨みつけるだろうかと。結局、子どもという弱い立場や、騒がしいのを諌めることもできないダメ親だから、自分が攻撃しても構わない対象だと思ってそうするだけなのだ。そして、弱者を攻撃したくなるこのタイプは大概、ただ不機嫌なのである。仕事が上手くいっていないのか私生活が上手くいっていないのか、諸般の事情は分からない。その不機嫌さを晴らすのにちょうど良い対象が、うちのムスメだったり、それを諌められない自分みたいな親だったりするのだ。

そしてまた困ったことに、自分はこういう人間が死ぬほど嫌いである。というより許せない性質である。だからつい、バスを降りるときに我慢できずに睨み返してしまった。するとその男は、バスから降りて追いかけてきたのだ。さすがに身の危険を感じてスタスタと逃げたが、「てめーのガキがうるせーからだろうが! 静かにさせろよクソ親が!」という捨て台詞を吐いていなくなった。

家に帰ってことの次第を奥さんに話したら、案の定怒られた。「それって前園君のプライドの問題でしょう。花に何かあったらどうするの? 自分のプライドのために花を巻き込まないで。子どもじゃないんだから」と。おっしゃるとおりでぐうの音も出ない。反省。

子どもといるとよく分かる。こういうタイプの人が一定以上いる。自分はまだ男親だからマシな方だろう。女の人と子どものセットなんて、きっともっと攻撃の対象になりやすいに違いない。うちの奥さんも昔からそういうことをよく言ってた。でもやっぱり許せないのである。お前の不機嫌の憂さ晴らしに、俺のムスメを利用するなと。お前の不機嫌の解消はお前自身でやれ。お前が俺のムスメを睨んだのは、うるさいからじゃないだろう。不機嫌の解消をするのにちょうど良い弱者を見つけたからだ。それを自覚して、もちっとご機嫌に生きろ。と言ってやりたいね俺は…。まあでももう、こんな危険な真似はしないことをここに誓います。ムスメよ、ごめんなさい。
by rin_magazine | 2017-05-22 23:10 | 日々のできごと | Comments(0)