人気ブログランキング |
雑感箇条書き
 午前中は嫁さんの実家の近所にある「まきばの湯」という温泉でひとっ風呂浴び、そこに入ってる喫茶店のモーニングをいただく。地味にコーヒーが美味しかった。

 家に戻って、今度はお義母さんのWiiで遊ばせてもらう。体のバランス年齢を測るやつで、なんと僕は48歳だった。その後はバランス年齢と実年齢の誤差を埋めるため、いろんな運動をして遊んだ。楽しいけど調子に乗ると相当体力を奪われることに後から気づいた。まあ楽しいからいいけど。ただ見ているだけの佳維も楽しそうにニヤニヤしている。

 昼からは車で指宿の実家へ。佳維は久々の指宿で最初は緊張していたけど、しばらくするとリラックスして遊んでいた。

 甲子園の熊本工VS三重高校の試合を見た。一回に熊本工業のレフトがフライを落球して(記録はヒット)、その直後に別の選手に交替させられるというシーンがあった。名門校とはいえ初回からそれはきっついな~と見ていたら、今度はまた変わった選手がゴロの処理を誤って失点してしまった。結果論でしかないが、僕はこの采配は好きではない。一度のミスで選手を信頼せずに交代させてしまうという監督の傲慢さが目に付く采配だったと思う。あんなことしたら他の選手も緊張度が増すもん。結局延長の末、熊本工業は三重にサヨナラ負けした。監督は敗因に守備の乱れを挙げていたが、僕はこの敗戦の責任は監督にあると思う。


 夕食時、佳維はじじばばからの寵愛を受けてご満悦。ふと「俺がこのくらいの時のこと覚えてる?」と両親に尋ねてみると、二人は目を合わせながら

母「何か覚えてる?」
父「これといって面白いエピソードはないね」

 ってな感じでいつの間にか別の話題へ(笑)。「子育ての方針とかあったの?」と聞いてみると、

母「そんなたいそうなものあるわけないじゃん」
父「強いて言えば“手を掛けず金掛けず”」

 ってなもんである。実は以前からこの質問してみたくて、満を持して聞いてみたのだけど、聞かなかった方がよかったみたいである(笑)。
by rin_magazine | 2009-08-13 22:59 | 日々のできごと | Comments(0)


<< 孫と祖父母 帰省 >>