人気ブログランキング |
マイナス1勝
 お友達のライターさんにホークス戦のチケットをいただき、家族で今年初観戦。昨年までは毎試合仕事で通っていたヤフードームのグランドを見ると、何だかキューンと胸が苦しくなった。あのグラウンドに立って、選手を間近に見続けることのできた日々は、本当に貴重な体験だったんだなぁとちょっとしんみり。
 
 ちなみに佳維がプロ野球を見るのは2回目。試合よりもお弁当の方に夢中だが、応援団やモニターに映るカイ君(佳維と同名のソフトバンクお父さん)やラッキーセブンの黄色い風船など、新鮮な風景をそれなりに楽しんでいる様子。
 
 さて、肝心の試合では、こりゃあなかなか見られんぞ、という面白い場面に遭遇した。それは3回裏1アウト1、2塁。松中さんの打球がグングン伸びてフェンス上部に直撃しグラウンドに跳ね返る。よっしゃー、長打で追加点!なんて思っていたらまさかの一塁塁審によるホームランコール。僕らも一瞬あ然としつつ、ホームランなの?ラッキー!と周りは大喜び。座っていたのは一塁側の外野席だったため、問題のシーンがバッチリ見える位置だったんだけど、確かに入ってはいなかった。でも当然オリックスの小瀬と坂口が猛抗議に走る。そりゃそうよなー、でも判定が覆ることはないでしょう、審判の言うことは絶対ですからねー。なんて思っていたら、なにやら審判団が秋山監督の元へ。応援団は「頑張れ秋山」コール。おいおいまさか…。そして約10分間の中断後、問題の塁審によるアナウンスで何とホームランが二塁打に訂正されちまった! ガーン! いや、確かにホームランではなかったけども(笑)、あんたがちゃんとインプレイって判断しておけばオーティズもホームに帰っていたでしょうが! この“幻のホームイン”が後から大きく響くのでは…。

 そんな想いを抱きつつ、1歳児も連れているので7回の裏の攻撃まで観てドームを後にする。結果予感は的中し、延長11回に勝ち越されて5-6で負けたようです。あの1点が入ってれば9回で終了だったのに! クソー、一塁塁審カキゾノめー。とはいえ、家族で久々に野球が観られて、気持ちの上ではとっても満足。今日一番の収穫は、松中さんのセンターオーバーの当たりをジャンピングキャッチした坂口の超ファインプレーかな。あれはプロのお仕事。良いもん観ました。
 
c0190725_19484069.jpg

写真は杉内Tシャツを着た佳維。帰りに天神を歩いていたら、通りすがりの兄ちゃんに「杉内!」と呼ばれていました(笑)。
by rin_magazine | 2009-07-02 23:44 | 日々のできごと | Comments(0)


<< おっぱいバイバイ 復活! 大渕スマイル♪ >>