サクラ島大学の学長Kさんが福岡に来ていたので、treneでお茶をした。テンジン大学の開校式の見学も兼ねつつ、福岡でいろんな人と会ってきたそうだ。取材が縁で知り合ったけど、何だかもうすっかり友達感覚。開校に向けていろいろと壁にぶち当たるところもあるようで、特に良いアドバイスができる訳でもなく一緒に悩む。でも無責任な言い方かも知れないけど、何となくサクラ島大学はこういう“悩む過程”“人間くささ”も一つのアイデンティティだと思うので、変に小器用なやり方ではなく、想いに対して真っ直ぐであってほしいと思う。薩摩隼人だし。

 treneでは、Aさん&Tさんと偶然の再会を果たした。Tさん、大きな病気になったことを聞いて心配していたけど、思いの外元気そうで安心した。未熟児で生まれたという赤ちゃんも順調に成長していて、抱っこさせてもらった。そしてそして。Tさんの旦那さんがAさんだったことを実は今日知った…(笑)。そうかなるほど。いろんなことが頭の中でつながっていく。何はともあれ、Aさん&Tさん&息子君の3人の“家族”としての姿。何てハッピーな光景だろうと思う。嬉しかった。

 さて、ホークスは杉内の涙の完封でついにM1。しかし浮かれることなかれ。勝負は最後の最後まで分からない。せっかくなら勝って決めたいけどね。
[PR]
by rin_magazine | 2010-09-25 23:50 | 日々のできごと | Comments(0)


<< ピクニック&ホークス優勝 腐れかけのワイン >>