綿花
 今日も寒い一日。資料作成やミーティング、取材立会いを敢行しつつ、今日も一日を終える。朝は自転車で行ったが、雨が降っていたのでバスで帰る。冬場は寒いし、定期に戻しても良いかなと考えている。

 遠回りのルートのバスが先に着たので、それに乗る。そのルートであればバス停のそばに花屋があるから、帰りに立ち寄ることにした。ふわふわの綿花を久しぶりに買って渡す。「いい夫婦の日だから」と言って。静香はとても喜んでくれた。果たしていい夫婦などではないのだが、少しでも思うことがあるのなら形にした方が良いだろう。それにしても、いい夫婦の定義とは何なのだろう。いい夫婦になれたら嬉しいが、相変わらず何の約束も許されないふあんてな毎日を生きている。

[PR]
# by rin_magazine | 2017-11-22 23:26 | 日々のできごと | Comments(0)
負け惜しみ
c0190725_01150731.jpeg
 GOINGの素生くんのことを静香に話したら、「本当は大事じゃないんじゃない?」と言われた。「何かがあったときにしか大事だと思い出さないことなんて、本当は大事になんかしてないんだよ」と。ぐうの音も出ない。そうなのだろうか。何を分かったようにと思う自分もいるが、それを負け惜しみのように感じている自分もいる。

 彼女はいつも、真理を見つめている。自分はその度にたじろぐ。この人にはかなわないとおもう。

[PR]
# by rin_magazine | 2017-11-21 23:13 | 日々のできごと | Comments(0)
素で生きる
 今日も寒い一日。夜、ゴーイングの松本素生くんが交通事故に遭ったことをネットのニュースで知った。詳しいことは書いていなかったが、どうやら命に別状はなさそうだ。とはいえ、怪我の程度までは書いておらず、もしかしたら重傷なのかもしれない。命があってよかったと、もし命をなくしていたら、10月に福岡のライブへ行かなかったことを酷く後悔しただろうと思う。一生追いかけるなんていいながら、Youth Recordsに移籍してからのアルバムは買ってすらいない自分を恥じただろうと思う。だから、今さらながら新しいアルバムをamazonでポチった。

 ゴーイングは、自分の人生にとってとても大切なバンドだ。若く多感な頃に知ったせいもあるだろう。彼らの音楽から受け取った感情は、恥ずかしさを気にせず言うとしたら、間違いなく青春の輝きと呼べるものであり、自分がどれだけ年をとっても、その頃の自分を笑うような大人にはなりたくないと思っていた。でも今は逆に、あの頃の自分が今の自分を見たら、情けない大人だと笑うだろう。自分のせいで、好きなバンドのライブすら行けない人生になっている。そんなにまで大切にしたいものすら、もはや自分のものではなくなったのだ。そう思うと、本当に情けない。素で生きることはもうかなわない。自業自得。また元気になってライブができるようになったら、その時は後悔しないようにちゃんと見ておきたい。

[PR]
# by rin_magazine | 2017-11-20 23:28 | 日々のできごと | Comments(0)
パクチー記念日
c0190725_02062763.jpeg
ビックカメラに用事があって、花と出かける。そういえばまた一風堂行こうねと約束していたから、それも果たす。パクチー水餃子を食べていたら、花がこんなことを言っていた。

花「その葉っぱ食べられるの?」
私「そうだよ」
花「その葉っぱ何ていうの?」
私「パクチー」
花「へー、いい名前だね」

だから今日は、パクチー記念日。

街はもうクリスマス気分。野球のアジア大会は3連勝で優勝だった。ホークスの選手たちは、ちょっとチョンボが多かった。そして夜、カイの下の歯が抜けた。

[PR]
# by rin_magazine | 2017-11-19 23:05 | 日々のできごと | Comments(0)
奥長さん
c0190725_22541651.jpeg
 仕事でOBの奥長さんの取材。独立して4年、大阪に「まんかい」という店を3店舗出していて、今度福岡空港にできる「ラーメン滑走路」への凱旋出店が決まっている。OBとして、採用サイトへ登場してもらう予定で、盟友ともいえる小川さんも一緒に対談形式で進めた。この2人は自分にとっての入社初期の大恩人でもあり、その変わらない考え方や人となりを改めて吸収させてもらったような感覚があり、改めて初心に返ることができたような気がする。ラーメンも相変わらず美味しい。

c0190725_22544818.jpeg
 あと個人的な気付き。関口氏をファシリテーターにおいて自分がライターに専念すると、とても良い仕事ができる気がする。彼のファシリは安定感あってよいね。

[PR]
# by rin_magazine | 2017-11-18 23:53 | 日々のできごと | Comments(0)
サイフォン式ラーメンで惜別ランチ
c0190725_09094278.jpeg
退職するしんちゃんと惜別ランチ。6歳くらい年下ながら、考え方や人当たりが非常に大人で、陰ながら敬意を抱いていた人。こうして2人でご飯を食べるのは多分初めて。業務的な関わりは薄かったので知らなかったけど、実は凄いことを成し遂げたいたらしい。そういうのをおくびにも出さないところも彼の美点でもあるように思う。
c0190725_09100110.jpeg
ランチは気になっていた「大重食堂」へ。サイフォンで出汁を取ったラーメンという記事を読んで、行かねばと思っていた。7種の削り節で取った出汁が身体に優しく沁み渡る。塩麹に2日間漬けたというチャーシューもバリうま…。この店のオーナーさんは、ワールドラーメングランプリの最終審査にも残っている。おそらく出品作もこれっぽいので、決勝進出したラーメンをいち早く食べられた格好。気になる方はぜひどうぞ(^^)

[PR]
# by rin_magazine | 2017-11-16 23:09 | 日々のできごと | Comments(0)
平日休み
 月に1回の平日休み。毎月この日は静香とどこかに行くようにしているのだが、静香が風邪気味だったので遠出を避けて西新散策。サンカクヤで生地を買ったり、ロジウラベーカリーでシュトーレンを買ったり。ランチはいろいろ見定めて、串揚げ ひょうたんというお店へ。外からは分からなかったが奥行きのある店で、カウンターに座って厨房から揚げたての串揚げが直接サーブされる、良い感じのお店。お値段もまあまあするのだが、ちゃんとそれなりの味で、接客もしっかりしていて好印象。満足しすぎて、コースに入っているデザートが出されていないことに気付かぬまま出てしまったが、まあそれも良い思い出としよう。

c0190725_08385552.jpeg
 今日はあまり無理をせずということで、そのまま家に帰って少しゆっくり。静香はサンカクヤの生地でブックカバーを作ってくれた。メガネのかわいいやつ。カイが帰ってきて「あれ、なんで父ちゃんいるの?」「月イチの平日休みだよ」「うざ! 祝日に休んでくれたらいいじゃん!」「祝日に休んだらお前たちいるじゃん」「うっざ!」。祝日くらいは一緒に遊びたいのかな、やっぱり。でも、夫婦2人の時間も必要だと思ってやっている。いつまで一緒にいられるかなんて分からない。毎回うまくいくわけではない。それでも、時間が作ってくれることも間違いなくあるだろう。遠くに行くことだけが目的ではない。

[PR]
# by rin_magazine | 2017-11-15 23:37 | 日々のできごと | Comments(0)
自殺
c0190725_09253975.jpeg
古本市で購入した末井昭さんの『自殺』を読了。末井さんは実母をダイナマイト心中で亡くしている方で、基本的には自殺抑止を目的にした本なのだけど、いわゆる死ぬな生きろ的な熱量が全くなく、どこか笑いながら安心して読めるような本だった。それは、末井さんの文章がとても上手いのはもちろんだけど、もっと根源的なところで人に対する眼差しが穏やかであり、かつ正直な人だからこそなせる表現なのだろうと思う。こういう文章が書ける人に嫉妬する。

余談だけど息子10歳がこの本を読んでいる自分を少し心配したのか、こんなやりとりがあった。

息子「何か変な本読んでるでしょ、『殺戮』とか」
前園「『殺戮』じゃないよ、『自殺』だよ。自殺しない方が良いよー、っていう本だよ」
息子「絶対しないでよね」

みたいな。ちょっと胸キュン笑。君は優しい人だね。

[PR]
# by rin_magazine | 2017-11-14 23:25 | 読んだ本の感想 | Comments(0)
シン・ゴジラとか
c0190725_09044320.jpeg
日曜日。朝からカイと井芹君と一緒にブックオフへ。保護者として付き添っただけだが、家に帰り着く時に、カイが「付き合ってくれてありがとう」と言ってくれた。こういうことを衒いなく言えるのも彼の美点の一つかな。ブーランジェリーレストでシュトーレンも購入。

午後は原稿を書いたり、花と散歩したり、シン・ゴジラをテレビで見たり。静香はやはりきついようで、ほぼ一日中寝込んでいた。最近ちゃんと向き合えていない。

[PR]
# by rin_magazine | 2017-11-12 23:02 | 日々のできごと | Comments(0)
音楽発表会とアビスパ福岡
c0190725_18191881.jpeg
 朝からカイの音楽発表会へ。父ちゃんは来ないでと言われていたが、行った。友達と楽しそうに、彼なりに一生懸命に、歌い演奏していた。一生懸命な合唱というものは、いつだって人の心を打つね。

c0190725_18201314.jpeg
 昼からは花とアビスパ福岡のホーム最終戦へ。井上さんがチケットをくれたのだ。花は初めてのサッカー観戦で、食べ物やお菓子を食べながら楽しそうにはしていたが、やはりちょっと退屈かな。途中からゴロゴロし始めた。試合は前半に山瀬のゴールで先制したが、後半花をトイレに連れて行っている間に追いつかれドロー。残念。夜に長崎が自動昇格を決め、アビスパはプレーオフに回る。長崎はすごいね。来年、福岡もJ1が見れたらいいな。井上さん、今日はありがとうございました。

[PR]
# by rin_magazine | 2017-11-11 23:17 | 日々のできごと | Comments(0)