静かな土曜日
 朝、カイと一緒にキャッチボール。完全に秋の気温だ。

c0190725_16405131.jpg
 午前中は将棋をしたりテレビを見たりしてのんびりする。再来月の古本市に出す本も選んでみた。午後は静香が最近はじめたという大濠公園のウォーキングに半周付き合う。その後、花と2人で西新まで移動し、行きつけの1000円カットで髪を切る。涼しくなると髪を伸ばしたくなるモードが今年も発動。花とマックに行き、ハッピーセットを頼む。別のテーブルでは情緒不安定な女の人が号泣しており、一緒にいる男の人がなだめている。今日もマックは世間の縮図である。

 夜、災害時用の荷物をチェックして、不要なものを入れ替える。花のオムツがあったりして、やはり時間とともに家族の形は変わっていくのを実感。賞味期限切れの非常食もあったので、今後は月イチで中身を更新していくことに。したがって月イチで非常食ナイトが行われるようだ。それも悪くないだろう。

[PR]
# by rin_magazine | 2017-09-23 23:39 | 日々のできごと | Comments(0)
前園杯、トマトラーメン
夜、将棋の前園杯を開催した。前園家の棋士3人の総当たり戦だ。静香には案の定楽勝した。カイも同じく静香に快勝。決戦としてカイと戦った。早々に飛車角を取られる劣勢であったが、王将を相手陣地に固定して守る作戦を展開し、何とか逆転することができた。初代前園杯の覇者となれて、何とかおやの面目を保った格好だ。それにしても最近のカイの将棋の強さには驚かされる。半年前まで向こう5年は負けないと思っていたのだが、最近はむしろ負けることの方が多い。切磋琢磨である。

c0190725_14325000.jpg
本日のラーメン。「三味」のトマトラーメン。想像通りの味で、もう2度と行くことはないだろう。

[PR]
# by rin_magazine | 2017-09-22 23:32 | 日々のできごと | Comments(0)
安心と決心
ここ1ヶ月くらい、心のツカエになっていた不安が、ひとまず心配ないということが判明した。もちろん、それで万事OKということは一切ないし、不安定な状況は変わらない。一歩自分が安心したり油断したりしようものなら、また脆くも崩れ去ってしまう。もし今回の不安が現実だったら、自分が選んでいたであろう判断や、発揮していたであろう思いやりや想像力を、これからも忘れないようにしたいと思う。そう決心するのだ。
[PR]
# by rin_magazine | 2017-09-21 23:23 | 日々のできごと | Comments(0)
不毛
​​夕方、不毛なことに時間を割いていることに苛立ってしまう。この労力は何のためなんだろう。

「障害者と思って接してみてはどうですか?」という、人づてに聞いた対処法を思い出す。これだけ聞くと、障害者の定義とか人権とか、いろいろ物議を醸しそうではあるが…要はあまり最初から多くを相手に期待しないでみたら?という進言らしい。正気を失わせる出来事も、正気を保つ術も、いくらでもある世の中だ。

[PR]
# by rin_magazine | 2017-09-20 23:32 | 日々のできごと | Comments(0)
プロセス
c0190725_04023304.jpg

新しい商品の動画を撮影した。今回はちょっとチームを変えて。全体のプロモーションの監修者と今回の動画制作チームが別部隊で、両方にコミットしているのが自分、という状況。ちゃんと一貫性を持たせられるか、全体のクオリティを担保できるか、いろいろ不安要素もあるのだが、やれるだけのベストは尽くした。ものづくりをする時は、その場のノリやダイナミズムも大事だと思う。ある種思い付きのようなアイデアでも、ちゃんとそれを面白がってその場で呼応して付き合ってくれる人は信用できる。結果も大事だがプロセスも大事。いろいろ時間も詰まってきているけど、ここからが踏ん張りどころだね。

[PR]
# by rin_magazine | 2017-09-19 23:59 | 日々のできごと | Comments(0)
FUKUOKA CITY GUIDE
c0190725_12514702.jpg

「WITH THE STYLE」併設のショップが発行している福岡のガイド本を読み終えた。住所も電話番号も写真も載っていない、文章だけの福岡ガイドブックという触れ込みだ。企画としてはユニークだし興味をそそる。ライター陣も、今の福岡の中では感度の高いキャスティングで、ブランディングとしては悪くないと思う。でも、全部読み終えた後の満足度は、正直とても低い。

文章だけで魅力を伝えるのがいかに難しいか、ということについて考えさせられる。もっといえば、文章だけで魅力を伝えてほしいということについて、担当編集の人がいかにこの4人のライターに対して真摯に向き合えていたか。もし自分がこの本の担当編集であれば、絶対にGOを出さないだろうという文章がいくつも散見された。「WITH THE STYLE」発行で、旬のライターを起用して、尖がった企画主旨で、ちょっと感度の高い人は買うでしょコレ、といったような驕りを感じる。肝心の読者は置いてけぼりだ。この本を人に薦めることはないだろう。でも、福岡を知らない人にとっては、想像力を掻き立てることはできるのかもしれない。ある種、夢を見せることもできるだろう。行ってみたいと思える場所もいくつかはあった。それでも、決定的に足りないものがあった。

とはいえ、自分がそれをクリアできるような文章が書けるかというと難しい。1億総編集者の時代だ。写真もデザインも助けてくれる。文章を生業にする人は、相当自分を研ぎ澄ませないと、生きていけない。良い教材という意味では、500円の価値があるのかもしれない。

[PR]
# by rin_magazine | 2017-09-18 23:48 | 読んだ本の感想 | Comments(0)
台風の日曜日
 台風の日曜日、家族で一日家で過ごす。台風は驚くほどあっさりと通り過ぎて行った。大分の方はなかなか大変だったようだが、最近はこういう風に煽るだけ煽られて大したことないパターンが多い。

 一日家でゴロゴロと、テレビを見たり、チャーハンをつくったり。カイがキャッチボールをしたがっているが、台風だから無理だよと答える。土曜も出張で仕事だったのに、祝日である明日も仕事なのが納得がいかないらしい。そういうとき、静香は「ちゃんと説明しないとダメだよ」と言う。彼女はいつでも正しい判断を選ぶ。夕方、台風一過で少し晴れた合間に、カイとキャッチボールができた。ストレートが走っていて満足そうだ。

 本当は仕事でいろいろ進めておきたいこともあったが、ちょっと疲れが溜まっているので何もしなかった。最近は本当に、いつも体の疲れが取れない。プレッシャーで緊張しているのかもしれないし、年なのかもしれない。もう若くはないということだけは確かだ。20代の頃のように、気持ちだけで何とかなる体ではない。昨日から静香が肩と首が痛いと言っているのを、少し心配している。肩もみを優しくやってみる。健康でいるということは、案外簡単なことではない。

[PR]
# by rin_magazine | 2017-09-17 23:05 | 日々のできごと | Comments(0)
東京出張170916
c0190725_12244505.jpg

 出張2日目。今日は六本木で「注文をまちがえる料理店の取材へ行った。認知症の方がホールを担当する、期間限定の料理店。もしかしたらオーダーをまちがえることもあるかもしれないけど、それも笑って許してもらえるような寛容な社会を考えるきっかけになれば…そんな想いで取り組まれているイベント。ネットでニュースになっているのを読んで関心を持っていたら、縁あって一風堂がメニュー開発のお手伝いをすることになった。それをウェブマガジンの記事にしようという次第。

 撮影はかねてからお仕事をしてみたかった植本さんにお願いした。何となくこの場を、普段付き合いのある東京のカメラマンに任せたいとは思えなかった。ただ撮れればそれで良いわけではない、と思った。それで、メールでコンタクトを取って依頼したら、すごくあっさりとOKをいただいた。聞けば先日まで入院していたらしい。そのことを今日知ったが、もし事前に知っていたら、変更を申し出ていただろう。知らなくて良かったかもしれない。彼女はすっと、その場にいてくれて、認知症の方とも、現場のうちのスタッフとも、驚くほどあっさりと打ち解けていた。本人は飄々としているが、大きな才能の一つだと思う。帰りに子どもたちと一風堂に行ってくれたらしい。

 会場は温かな雰囲気が流れていて、お客さんもスタッフも、この趣旨を理解した上でお互いがお互いを補完しあうような素敵な場所だった。もちろん、安易に「素敵」で終わらせられることを良しとしているわけではないだろう。数名の認知症の方と話をしてみたが、普通にコミュニケーションを取ることができた。24時間認知症という訳ではないそうだ。そんな当たり前のことを知ること。それだけでも充分に意味があると思う。うちのスタッフがとても楽しそうにしていたのも良かった。満たされた気分で、坂下と空港へ。台風の影響もあり、一本早い便に変えてもらうことができた。飛行機を待つ間に、ホークスがリーグ優勝を決めた。

[PR]
# by rin_magazine | 2017-09-16 23:15 | 日々のできごと | Comments(0)
東京出張170915
今月2回目の東京出張。午前中はルイボス茶に関する取材をした。久々にライター&カメラマンを兼任。程よい手応えのある良い取材だった。まだまだやるやん、ライター前園。

午後は月イチのブランディング会議。先週の疲れの原因となった案件も、少し枝葉が広がったりしぼんだりしたものの、何とか前進させられたように思う。これからがまた正念場だけれど、踏ん張るぞ。

c0190725_17194356.jpg
夜は河野さん、オウ君、原さんと男4人飲み。いろいろ抱えながらも朗らかにポジティブに仕事するこの人たち、仲間という感じがするね。

[PR]
# by rin_magazine | 2017-09-15 23:19 | 日々のできごと | Comments(0)
ヒッコリー
 昨日の疲れが午前中は尾を引いていた。疲れているからか、花が優しくしてくれる。「つかれたらやすんでいいんだよ」とか言ってる。いい人だ。

c0190725_02124354.jpg
 昼前に静香が野暮用で天神に来てくれたので、一緒にヒッコリーでランチをした。ヒッコリーは良いお店だ。静かで、優雅で、安くて、美味しい。ちょっと心落ち着けたいとき、一人でボーっとしたいときに、よく利用している。天神に2店舗あるのだが、ビルの6階にあるこっちの方が特に落ち着きたいときは良い。静香は、キューブリックでたくさん本を買っていた。一時期は本を読むことすらできなかったので、そのことを思うと、彼女に読書欲が復活してくれたのは嬉しい。どうか好きなだけ本を買って読んでほしいと思う。ヒッコリーを彼女はとても気に入って、お腹一杯だと喜んでくれた。ヒッコリーは今日、また一段と特別なお店になった。

[PR]
# by rin_magazine | 2017-09-14 23:11 | 日々のできごと | Comments(0)